ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに流産後妊娠は嫌いですゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに流産後妊娠は嫌いです

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに流産後妊娠は嫌いです
ミトコンドリアを活性化させる妊活

ミトコンドリアを活性化させる妊活



ミトコンドリアを活性化させる妊活

妊活とは、妊娠についての知識を身につけ、自分の身体のことを把握する活動のことです。


10代、20代では若かった精子や卵子も、加齢により質を下げてしまう要因が、たくさんあります。


その要因とは、
?加齢
?ストレス
?不規則な生活
?飲酒
?喫煙
?女性の場合は冷え性
?男性の場合は熱

精子や卵子には、その機能を十分に発揮させるためのミトコンドリアが備わっています。


このミトコンドリアは、不規則な生活や、体に悪い生活をしていると、徐々に数は減り必要なエネルギーを作り出すことができなくなります。


ミトコンドリアを活性させるには、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事や運動をすることが、効果的です。



現在、初めて出産した母親の平均年齢は、30歳を超えています。


晩婚化や女性の社会進出の影響もあり、妊娠、出産する年齢が高くなってきています。


それに伴い、不妊で悩んでいる女性も増えています。


出産数は30歳から徐々に減少し、40歳を過ぎると急速に減少します。


女性の年齢による妊娠率の低下は、平均寿命がのびてもあまり変化はなく、必然的に不妊症を増加させることになります。


具体的に不妊の確率は、25歳から29歳では8.9%、30歳から34歳では14.6%、35歳から39歳では21.9%、40歳から44歳では28.9%となり、30歳から不妊症が増加し、自然妊娠の確立が減少しているのがわかります。



年齢が増加すると、卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症になる確率が高まり、形成学的異常のリスクが高まることも考えられます。


クラミジアなどによる卵管炎では、卵管やその周辺の炎症がおこり、卵管が狭くなったり閉塞したりするため卵管因子による不妊がおこります。


子宮筋腫は年齢とともに増加し、子宮内に突出して着床や成長を障害することが考えられます。


子宮内膜症でも卵管の動きが制御され、卵子が卵管に入れなくなることが考えられ、胚の生長や着床を障害することがわかっています。



女性は、30歳以降になると妊娠率が低下し、35歳前後からは妊娠率とともに流産率の増加もおこります。


たとえ人工授精を行っても、妊娠率や出産率は低下するということです。


また年齢上昇にともない、周産期死亡率が上昇します。


本当に不妊治療を行って効果がでやすいのは、43歳くらいまでとも言われています。



現在の医療は進んでいます。


しかし子供を望んでもすぐに妊娠できるかはわかりません。


気になる方は早めの妊活を考えてみてはいかがでしょうか。




ララリパブリック 葉酸 口コミ

妊娠初期に体験した気持ちの変化



妊娠初期に体験した気持ちの変化

今から思い出しても、妊娠初期の頃というのは自分自身の人生の中でも最も気持ちの変化が大きい時期でありました。

まず妊娠が分かった時はもちろんそれはもう、有頂天になる位の喜びを感じたものです。

毎日毎日産まれてくる子供の名前を既に考えたり、とにかく浮き足立って毎日を送っていたのでした。

しかし実はこのようなうきうきわくわくした気持ちで過ごすことが出来ていたのも、実は妊娠超初期と呼ばれる数週間だけのことだったのです。

妊娠超初期といわれる時期が終わり、妊娠初期の頃になってくると、段々と気持ちが変化していくようになったのです。


妊娠初期に入ると、とにかく嬉しいという気持ちを不安だという気持ちが上回るようになっていきました。

とにかく出産後のことを毎日心配していたり、これからますます大きくなっていくお腹を抱えて自分は日常生活をこれまで通りに送っていけるのか等々、とにかく不安ばかりを抱えて生活をしていました。

マタニティーブルーという言葉がありますが、これは妊娠中の中でも特に初期の時期に起こり易いものなのだと、自分自身が身をもって体験することになったのです。

妊娠初期に入って間もなくつわりが襲ってきますが、つわりが襲ってきてからはますますこれまでの生活が一変しました。

まずとにかく一日中何とも言えない気持ち悪さと戦わなくてはいけなくなり、吐いても吐いてもすっきりしない自分の身体に嫌気がさしてしまったものでした。

何も食べることが出来ない、飲むことが出来ない状態になり、今思えばつわりの時期は半分うつ病のような状態になっていたのだと思います。

とにかくただただ布団の中で、時間が早く過ぎればいいのにとそればかり考えて日々を過ごしていました。

恐らく惰性で日々を過ごしていたのだと思いますが、とにかく家事や仕事以外は寝てばかりいて過ごしていました。


それから妊娠初期も終わりに近づいてきた頃、段々と以前のように食欲がわいてくるのを感じることが出来ました。

そして急に以前の大好物であった食べ物を食べたくなったのです。

どうせまた吐いてしまうのではないかと恐る恐るでしたが、その大好物を食べてみました。

すると今まではすぐに気持ち悪くなって吐いていたのに、何故か気持ち悪さが襲ってこなくなったのです。

この瞬間に自分はつわりが終わったのだと確信しました。

その時に食べた大好物の食べ物の美味しさは、今でも忘れられません。

本当に初期の頃は気持ちの変化が激しかったのです。


卵子 寿命

妊活 一人や夫婦だけで悩まないで



妊活 一人や夫婦だけで悩まないで

妊活には縛りがありません。


不妊治療とイコールではなく、単に子作りをしている方全てをそう呼ぶことができます。


例えば、妊娠し易い体にするために健康に気をつけている、食べ物を厳選している、サプリメントを摂取しているのも全てその活動に入ります。


医療機関での治療は、妊活の一つであって、全てではないのです。



またそれぞれのモチベーションも個人差が大きく、子供ができればいいねという段階から、何が何でも妊娠しようというものまでいろいろです。


要は妊娠にこぎつけるためになんでもやろうということが、そういった活動になります。


妊娠という超プライベートなことなのですが、サイトやブログなどで公表することで、後ろめたい気持ちや恥ずかしい気持ちもなく、言い方はおかしいですが、正々堂々と活動に励んでいる方も少なくありません。


ブログなどですと、プライベートを明かすことなく、妊活している夫婦の話、頑張っている人もいるなという認識から、何かの読み物を閲覧されて、見ている側としても共感を呼び親近感が湧くこともあります。


また実際の体験が語られることで、励みになることも多いです。



同じような悩みを持ったり、回りに自分のことを理解してくれる方がいないことで、孤軍奮闘している方にとっては力強い味方です。


活動内容はいろいろですが、こんなことをするとこんな効果があるよとか、これってどういうこと?という疑問も医学レベルではなく、井戸端会議で解決できることもたくさんあります。


そして、世の中には、妊娠したいのにできない方がこんなにたくさん存在していることに改めて驚き、感動し、安心するといったことあります。



妊娠は夫婦だけのものではあるからこそ、お互いの責任にしてみたり、自己嫌悪に陥ることも数多くあります。


時には、うつ病になってしまう、妊活で病気を発症してしまう場合もあります。


どうしても妊娠をしたいのにできない自分はダメと否定してしまう方もいらっしゃるほど深刻な悩みとして受け止めることもあります。


そのような体験をされている方、そして克服されたご夫婦はとても多いです。


カウンセリングに相談も良いですが、公表している他の夫婦の妊活ものぞいてみてください。


一人で悶々とするだけではなく、何かヒントを得ることができれば、その後の活動の何かが変わるかもしれません。


そして、夫婦で納得したうえで妊娠だけで全てではないという結論に達する場合もあります。







流産後 妊娠

メニュー


メニュー



Copyright (C) 2014 ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに流産後妊娠は嫌いです All Rights Reserved.